牙城会 社説

9月1日は「牙城会の日」 誓いの師子ありて 広布は盤石【社説】

投稿日:2014年9月1日 更新日:

 きょう9月1日は「牙城会の日」。会館警備の尊き任務に当たる男子部の人材育成グループ「牙城会」の友が、誓いと前進の原点とする日である。

 1963年(昭和38年)の9月1日、木造モルタル造りだった東京・信濃町の学会本部が鉄筋コンクリート造りに建て替えられ、落成式が行われた。その意義を込め、76年(同51年)に制定されたのが「牙城会の日」である。今、この地には広宣流布大誓堂が立ち、世界の同志が唱える題目の音声が響く。

 小説『新・人間革命』には、牙城会に寄せる会長・山本伸一の真情が描かれている。

 「私は、いつも君たちと一緒に行動するわけにはいかないが、心は一緒だよ。使命は同じだよ。どうか、私に代わって、本部を守ってください。会館を守ってください。同志を守ってください」(「厳護」の章)

 本部を守る。会館を守る。同志を守る――友の胸には、師と一体の誓いが誇り高く輝く。

 大阪府の藤井寺文化会館で任務に当たるメンバーは、今年、「無遅刻9000日」を記録した。万一の事態に備え、消火器の配置箇所はもとより、仮に停電になっても来館者を安全に誘導できるよう、館内それぞれの階段が何段あるか確認し合う。

 こうした陰の奮闘を心からたたえ、あらためて感謝したい。

 9月を中心に各地で大会を開催する、牙城会大学校生の前進も頼もしい。

 神奈川県在住の大学校生は、8年越しの対話で弘教を実らせた。彼は小学生の時、白血病と診断された。医師が一時「中学進学は難しい」とまで告げた3年余の壮絶な闘病の末に寛解。再発も奇跡的に免れることができ、創価大学に学んだ。生き抜く勇気と希望を、子どもたちに――こう誓った彼は、不屈の挑戦で4度目の教員採用試験に勝利。今、高校の教壇に立つ。

 1000を超える全国の創価の法城には、きょうも、来館する友を礼儀正しく、笑顔で迎える牙城会の凜々しき姿がある。

 その法城の一つ一つが、励ましの闘争を重ねてきた池田名誉会長と、その師と共に広布を開拓してきた同志による師弟共戦の勝利の証し。ゆえに、厳護の任務を全うし、その誇りで対話の最前線に立つ実践こそ、広布のバトンを継ぐ証しともなる。

 牙城会のシンボルは師子。御書には「一の師子王吼れば百子力を得て」(1316ページ)と仰せだ。牙城会の陣列がある限り、世界広布は盤石である。

-牙城会, 社説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

2022・2・16 きょう日蓮大聖人 御聖誕満800年

誓願の御生涯を鑑に勝利劇を  今年のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」。鎌倉幕府の執権・北条義時の一代記を描いている。  彼の晩年、後鳥羽上皇は幕府を朝廷の支配下に置くべく、義時追討の命を下す。「承 …

no image

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日 自身の舞台で“使命の華”を爛漫と  女子部・池田華陽会の先頭を走る白蓮グループがきょう8日、「グループの日」を迎えた。  1957年(昭和32年) …

no image

創価班・牙城会の大学校生が弘教に奮闘!わが友に贈る[2014年 8月7日聖教新聞掲載]

創価班・牙城会の 大学校生が弘教に奮闘! 人間革命への挑戦を 皆で讃え応援しよう。 人材拡大の大潮流を! [2014年 8月7日聖教新聞掲載] この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます わが友に …

no image

創価班結成35周年 広布の情熱を燃やし一人立て【社説】

 会館を訪れると、青いブレザーに銀バッジを付けた男子部員が笑顔で迎えてくれる。あいさつは歯切れよく、動きは機敏。無事故への配慮が行き届いている。彼らこそ全同志が信頼を寄せる、男子部の要の人材グループ・ …

no image

季節の変わり目の体調管理【社説】健康第一で使命の道を歩もう[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるが、まだ寒暖の差が激しい日も少なくない。季節の変わり目は体調を崩しやすい。「うがい・手洗いの励行」をはじめ、出掛ける際は気象情報を参考に上着を持っていくなど、一層の注意 …