御書

<17>信心の根をどこまでも深く 御書とともに――名誉会長が指針を贈る

投稿日:2013年12月28日 更新日:

[titled_box color=”white” title=”【御書】 ねふかければはかれず・いづみに玉あれば水たえずと申すやうに・御信心のねのふかく・いさぎよき玉の心のうちに・わたらせ給うか(窪尼御前御返事、1479ページ)”]【通解】 根が深ければ葉は枯れず、泉に玉があれば水が絶えないと言うように、あなたは信心の根が深く心中に潔い玉が輝いておられるのであろう。[/titled_box]

[colored_box color=”gray” corner=”r”]同志への指針[/colored_box]

 大風が草をなびかし、雷が人を驚かせるような乱世に、毅然と信仰を貫いている女性を讃嘆された御聖訓である。

 大聖人は全てを御照覧くださっている。

 信心は、断じて負けない幸福の根であり、決して行き詰まらない福徳の泉である。

 「信心一筋」の人が必ず勝つ――この希望光る生命の勝利の舞を、明年も共々に!

-御書
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

<18>すべては「一」から始まる 御書とともに――名誉会長が指針を贈る

[titled_box color=”white” title=”【御書】 夫れ須弥山の始を尋ぬれば一塵なり・大海の初は一露なり・一を重ぬれば二となり・二を重ぬれば …

no image

〈御書池田大学運動のために 池田華陽会御書30編に学ぶ 女子部教学室〉 異体同心事 2019年6月8日 皆が輝く信心の団結を! 広布の師匠と心を合わせ

〈御書池田大学運動のために 池田華陽会御書30編に学ぶ 女子部教学室〉 異体同心事 2019年6月8日 目次1 皆が輝く信心の団結を! 広布の師匠と心を合わせ2 本抄について3 御文4 通解5 解説6 …