御書

<18>すべては「一」から始まる 御書とともに――名誉会長が指針を贈る

投稿日:2014年1月10日 更新日:

[titled_box color=”white” title=”【御書】 夫れ須弥山の始を尋ぬれば一塵なり・大海の初は一露なり・一を重ぬれば二となり・二を重ぬれば三・乃至十・百・千・万・億・阿僧祇の母は唯・一なるべし(妙密上人御消息、1237ページ)”]【通解】 そもそも、須弥山の始めを尋ねれば一つの塵であり、大海の初めは一滴の露である。一を重ねれば二となり、二を重ねれば三となり、このようにして十、百、千、万、億、阿僧祇となっても、その生みの母はただ一なのである。[/titled_box]

[colored_box color=”gray” corner=”r”]同志への指針[/colored_box]

壮大な世界広宣流布の新時代も、一人一人の「一歩」から始まる。一家でも一人が信心に立ち上がれば、未入会の家族も皆、必ず妙法の光で包んでいける。

地域にあっても、自分自身が、わが眷属の一粒種となって、そこから広宣流布が具体的に広がる。この「」として、きょうも地道にして偉大な一歩を踏み出そう!

-御書
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

〈御書池田大学運動のために 池田華陽会御書30編に学ぶ 女子部教学室〉 異体同心事 2019年6月8日 皆が輝く信心の団結を! 広布の師匠と心を合わせ

〈御書池田大学運動のために 池田華陽会御書30編に学ぶ 女子部教学室〉 異体同心事 2019年6月8日 目次1 皆が輝く信心の団結を! 広布の師匠と心を合わせ2 本抄について3 御文4 通解5 解説6 …

no image

<17>信心の根をどこまでも深く 御書とともに――名誉会長が指針を贈る

[titled_box color=”white” title=”【御書】 ねふかければはかれず・いづみに玉あれば水たえずと申すやうに・御信心のねのふかく・いさぎよ …