小説「人間革命」

小説「人間革命」第1巻 あらすじ

投稿日:2013年1月1日 更新日:

小説「」第1巻
収録章
」「」「」「」「」「」「」「

あらすじ

昭和20年7月3日の夕刻、一人の男が、東京・中野の豊多摩刑務所を出獄する。軍部政府の弾圧によって投獄されていた、創価教育学会の理事長・戸田城聖である。そこで彼が見たものは、戦火に焼かれた国土であり、誤れる宗教・思想に導かれた国民の悲惨な結末であった。彼は決意する。“民衆の真実の幸福を築くには、日蓮仏法を広宣流布(こうせんるふ)していく以外にない”と。
やがて日本は敗戦。戸田は、壊滅した学会の再建に踏み出す。「創価教育学会」の名称は「創価学会」に変更され、彼の出版社「日本正学館」には四散していた学会員が集い始める。11月18日、獄中に殉教した師・牧口常三郎会長の1周忌法要が営まれ、獄中で地涌の菩薩の使命を自覚した戸田は、「広宣流布は私がやる」と決意する。
翌21年が明けると、戸田は数人の同志に法華経講義をスタート。彼を中心にした広布の歯車が、少しずつ動き始めた。

-小説「人間革命」
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

小説「人間革命」第10巻 あらすじ

第10巻 収録章 「一念」「脈動」「跳躍」「嶮路」「展望」 【送料無料】人間革命(第10巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 昭和31年初頭、伸一は一人、深い決意を秘めて大阪に向かう。学会は7月の参 …

no image

小説「人間革命」第11巻 あらすじ

第11巻 収録章 「転機」「波瀾」「夕張」「大阪」「裁判」 【送料無料】人間革命(第11巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 人生の短い残り時間をいかに生きるのか--戸田は大きな転機を感じ始める。そ …

no image

小説「人間革命」第6巻 あらすじ

第6巻 【送料無料】人間革命(第6巻)第2版 [ 池田大作 ] 収録章 「七百年祭」「推移」「余燼」「離陸」 あらすじ 昭和27年4月27、28日には、総本山で「立宗七百年祭」が行われた。大聖人の立教 …

no image

小説「人間革命」第4巻 あらすじ

小説「人間革命」第4巻 収録章 「生命の庭」「時流」「波紋」「疾風」「怒濤」「秋霜」 【送料無料】人間革命(第4巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 1行目に「生命論 戸田城聖」と書いた原稿を前に、 …

no image

小説「人間革命」第9巻 あらすじ

第9巻 収録章 「発端」「小樽問答」「展開」「上げ潮」「実証」 【送料無料】人間革命(第9巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 舞台は北海道・小樽。地元の学会の中心者である婦人たちが、日蓮宗(身延派 …