社説

2022・2・16 きょう日蓮大聖人 御聖誕満800年

投稿日:2022年2月16日 更新日:

誓願の御生涯を鑑に勝利劇を
 今年のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」。鎌倉幕府の執権・北条義時の一代記を描いている。

 彼の晩年、後鳥羽上皇は幕府を朝廷の支配下に置くべく、義時追討の命を下す。「承久の乱」(1221年)である。

 これに対抗した幕府側が激戦を制し、後鳥羽上皇ら乱の首謀者は配流されるという衝撃の結末を迎える。

 貴族による支配から武士による支配へ。歴史の大転換が起こった。

 この翌年の貞応元年(=承久4年〈1222年〉)2月16日、日蓮大聖人は御聖誕された。きょうで満800年を迎える。

 「大白蓮華」2月号では、この佳節を記念する新連載「日蓮大聖人――誓願と大慈悲の御生涯」が始まった。

 読者からはさっそく、「妻と毎日、御書の拝読に挑戦しています。連載を読み、今まで以上に、御書や大聖人の御生涯を学んでいこうと決意しています」「大聖人が仏法の研さんを始められたのは今の中学・高校生の年齢。まさに“青年の心意気”で時代を見つめ、妙法の智慧を開かれたことでしょう」など、喜びと求道心あふれる声が寄せられている。

 混乱する秩序、頻発する自然災害……。激動する社会を見つめながら、「日本第一の智者となし給え」(新1206・全893)との誓願を立て、研さんと修行の道に入られた大聖人。

 やがて祈りの中で、「明星のごとくなる大宝珠」(同)という智慧を得られる。

 池田先生は、「民衆を根本から救いたいとの大誓願を持ち、必死に求道され、開覚されたのです」「つねに『』があって『悟り』がある。立宗後も、大難を超えられながら誓願を貫くことによって、悟りを深められ、ついには発迹顕本されて、末法の御本仏の御境地を顕されていくのです」と講義されている。

 「大白蓮華」新連載に、「『一人の人間』が、偉大な仏の境涯を開いていけることを証明されたのが、日蓮大聖人の御生涯です」と。

 命に及ぶ迫害をも勝ち越え、民衆救済の大誓願を貫かれた御一生は、“人間とはかくも偉大なり”との証明であり、それを現代に示してきたのが大聖人に直結する創価の師弟にほかならない。

 さあ、「」も後半戦。大聖人の御生涯に学び、鑑としながら、わが舞台で、人間革命の勝利劇をつづっていこう。

-社説

執筆者:

関連記事

no image

〈社説〉 あす師弟の「法難の日」 2019年7月5日

〈社説〉 あす師弟の「法難の日」 2019年7月5日 広宣流布は権力の魔性との戦い  広宣流布は、仏と魔との闘争である。創価学会は、「三類の敵人を顕さずんば法華経の行者に非ず之を顕すは法華経の行者なり …

no image

9月23日は少年少女部の日 子どもの「生きる力」を育もう【社説】

 「『ありのまま』に悩み、祈り、また胸をはって挑戦していく――そうすることで、自分の心がみがかれる。心の中の宝物が光っていく。きみの、あなたの『いいところ』が、必ず見えてくるのです」――池田名誉会長は …

no image

季節の変わり目の体調管理【社説】健康第一で使命の道を歩もう[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるが、まだ寒暖の差が激しい日も少なくない。季節の変わり目は体調を崩しやすい。「うがい・手洗いの励行」をはじめ、出掛ける際は気象情報を参考に上着を持っていくなど、一層の注意 …

no image

創価班結成35周年 広布の情熱を燃やし一人立て【社説】

 会館を訪れると、青いブレザーに銀バッジを付けた男子部員が笑顔で迎えてくれる。あいさつは歯切れよく、動きは機敏。無事故への配慮が行き届いている。彼らこそ全同志が信頼を寄せる、男子部の要の人材グループ・ …

no image

9月1日は「牙城会の日」 誓いの師子ありて 広布は盤石【社説】

 きょう9月1日は「牙城会の日」。会館警備の尊き任務に当たる男子部の人材育成グループ「牙城会」の友が、誓いと前進の原点とする日である。  1963年(昭和38年)の9月1日、木造モルタル造りだった東京 …