「 僧侶 」 一覧

no image

正義52 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の午後の部が始まる前から、糸のような雨が断続的に降っていた。  文化合唱祭の最後に、山本伸一がマイクに向かった。 彼は、雨の中での出演者の熱唱と熱演を讃えたあと、出席した地域の来賓や …

no image

正義51 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の舞台は、婦人部の合唱「今日も元気で」となった。婦人部員の満面の笑みが開花し、あの限りなく明るく、軽やかな調べが流れた。 三重の婦人部員にとって、それは“喜びの歌”であり、“勝利の歌 …

no image

正義46 小説「新・人間革命」27巻

「今日も元気で」は、婦人部の愛唱歌として皆に親しまれてきた歌である。 歌詞には、日々、喜びに燃えて広宣流布に走る婦人部員の、一途な心意気が表現され、曲も明るく軽快なリズムであった。     あかるい朝 …

no image

正義12 小説「新・人間革命」27巻

国家神道を精神の支柱にして、戦争を遂行しようとする軍部政府は、思想統制のため、天照大神の神札を祭るよう、総本山に強要してきた。 一九四三年(昭和十八年)六月末、宗門は、会長・牧口常三郎、理事長・戸田城 …