「 折伏 」 一覧

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …

no image

正義57 小説「新・人間革命」27巻

堺支部の幹部は、さらに話を続けた。 「経文に、御書に照らして、魔も、難も起こらない正法なんてありません。 難を避けるうまい方法はないかなどと考えてはだめです。覚悟を決めることですよ。 実は、魔にも、難 …

no image

正義51 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の舞台は、婦人部の合唱「今日も元気で」となった。婦人部員の満面の笑みが開花し、あの限りなく明るく、軽やかな調べが流れた。 三重の婦人部員にとって、それは“喜びの歌”であり、“勝利の歌 …

no image

今週のことば[2013年]

[2013年 12月29日] 輝く大勝利の一年 創価家族の万歳を! 皆様の功徳は無量なり。 いざ 元初の生命力で 新時代へ出発だ! [2013年 12月23日] 「陰徳あれば陽報あり」 尊き役員の皆様 …

no image

今週のことば[2013年 2月4日聖教新聞掲載]

折伏こそ幸福の直道なり。会えば「仏縁」が広がる。語れば「仏種」が植わる。祈れば「仏性」が花開く。勇敢に打って出よう! [2013年 2月4日]

no image

2月の広布史 師弟不二の勝利「二月闘争」

2月の広布史 二月闘争 『新・人間革命』広布史に燦然と輝く戦い 1952(昭和27)年の2月、当時24歳だった若き池田名誉会長は、蒲田支部の支部幹事として、それまでの限界を大きく打ち破る「201世帯」 …