「 高低浅深 」 一覧

no image

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。 文京支部長の田岡治子であった。 「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。 詐欺師を立派な人 …

no image

正義11 小説「新・人間革命」27巻

牧口常三郎の起こした創価教育学会の宗教運動は、長く民衆を支配してきた僧侶によるものではなく、在家、民衆の手による宗教革命であった。 牧口は、日蓮正宗も、時代の変遷のなかで、儀式主義に陥り、葬式仏教化し …